No.12 スローラインについて