paulspage2018.jpg

​No.20  ミッドラインドリフトアンカー

ミッドラインドリフトアンカーは木材を長距離移動させるための簡単なシステムです。

木材をウィンチによってまずアンカーまで持ち上げ、アンカーをリリースして次のアンカーまで滑らせます。

それを最後のドロップゾーンまで繰り返していきます。

僕たちは写真中央の小さな木をGポイントまで移動させます。

 

動かす木はさほど大きくなかったのですが、斜面が急で滑りやすかったため足場の確保に掛ける手間を考えて、このシステムを選びました。

このシステムを使えば、各支障木を動かすのに根本を一回カットするだけで余分にチェーンソーを使わず、また木を引きずらないで動かすことができます。

mlda_1.jpg
mlda_1_2.jpg

装 備

ポータブルウィンチ+ヒッチシステム (逆走防止システム)

PCW-3000 ポータブルウィンチ

ポータラップ+スリング

10mm ダブルブレイド クラス2 ロープ

ピントプーリー

カラビナ+10mmプルージックコード

アンカー

インパクトブロックS x 2 +16mm デッドアイ

Xリギングリング+デッドアイ

フリクション

ポータラップ

ナチュラルクロッチ

リダイレクト

スリング

ピントプーリー+スチールオーバルカラビナ

ロープ

12mm ダブルブレイド - ウィンチ用

12mm ダブルブレイド1 - ドリフトアンカー

12mm 16ストランド - コントロールロープ

 

A ポータブルウィンチ

B ドロップゾーンアンカー

C ドリフトアンカー

D ドリフトアンカーフリクションポイント

E コントロールロープ

F コントロールフリクションポイント

G ドロップゾーン

mlda_2_2.jpg

ドロップゾーンアンカー

mlda_3_2.jpg

ドリフトアンカー

ウィンチラインは左に流れドリフトラインは下のブロックに結ばれている

mlda_4_2.jpg

ドリフトアンカーフリクションポイント

mlda_5_2.jpg

コントロールロープ

mlda_6_2.jpg
mlda_7_2.jpg

コントロールロープ フリクションポイント

ウィンチロープを巻き上げた後、プルージックのみに荷重を掛ける。ウィンチには絶対に荷重を掛けない。

スクリーンショット 2021-12-19 14.24.18.png
mlda_8_3.jpg

木はCポイントまで巻き上げられる。

この移動の間はEポイントから伸びるコントロールロープで制御する。

mlda_9_2.jpg

Dポイント

mlda_10_3.jpg
mlda_11_3.jpg

木をウィンチで巻き上げC/DポイントからドロップゾーンGに向かって流していく。

木をドロップゾーンに下ろしたらドリフトアンカーを元の位置まで戻して次の支障木の撤去に取り掛かる。